ヘアケア 育毛・養毛・薄毛

頭皮の色で髪質が変わる??やっぱり頭皮ケアは大事よね。。

みなさん、こんにちは👋

綺麗な髪の毛にしていくためには、まずは
「ご自身の頭皮環境を知る」
ということが大事かと思います。

頭皮の色であったり、毛穴の状態、根元の髪の毛の状態など。。。


健康状態の頭皮は「青白く透明感のある頭皮」だといわれています。
頭皮のキメなんかもみえると理想ですね。
お子ちゃまの頭皮はキメが見えるんですよねぇ。。

黄色い頭皮の色だと、ストレスによる酸化した状態で、エイジング毛が増える要因とも言われています。
毛の艶がなくなったり、うねり、パサつきが見えやすい毛質になりやすい状態です。
抗酸化していかなくてはいけない状態ですね。

赤い頭皮の色だと、炎症をおこしていたり、ヘアカラー等のトラブルの原因になりかねない状態です。
寝不足や疲れ、ストレスなどが原因とも言われています。
抜け毛、白髪が増えやすく美髪になりづらい状態ですね。

 

平均的に一つの毛穴からは2~3本生えているのですが、
年齢とともに毛穴から1本しか生えていないということも、珍しくありません。
薄毛に悩んでいる方は1本で、しかも細く弱い毛の状態がみられます。

特に男性の方は切実な悩みですよね。。。。

マイクロスコープで実際に自分の頭皮を確認するのは結構な恐怖(笑)ですけど、
知らないことには対策をたてれませんからね。

頭皮環境を改善していくために、
ヘッドマッサージや、食事、生活習慣の見直し、アンチエイジングケア、育毛ケアは必須ですね。

-ヘアケア, 育毛・養毛・薄毛

Copyright© TANAKA.COM , 2020 All Rights Reserved.