ヘアケア ヘアカラー

白髪の原因は活性酸素??

過去記事から転載。

 

科学の進歩というのは素晴らしく、
「白髪が生えるメカニズム」が、かなりわかってきたようです。

簡単に説明すると

白髪の原因は「メラノサイト」(色素細胞)やメラニン色素を受け取る側の
「毛母細胞」の機能不全で白髪になる。

ということらしいのです。

毛母細胞とは

毛乳頭周辺の細胞組織のこと。毛乳頭から栄養素や酸素を受けとり、細胞分裂することで髪の毛をつくりだす。

 

毛母細胞の機能不全の原因が

「老化、活性酸素、紫外線、精神的ストレス」

いわゆるゲノムストレス(DNAに傷をつける様々な因子のことをいうようです)
といわれるみたいです。

ここででくる「活性酸素」というのが「過酸化水素水(H2O2)」のことです。
「過酸化水素水(H2O2)」といえば、ヘアカラー(2剤)やパーマの2剤でも使用されています。。いわゆるオキシドールです。

ヘアカラーの時には1剤と2剤を混合して使用しますので
化学反応して問題なしかと思いきや、
どうも「反応しきれない過酸化水素水が残留する」といわれています。

過酸化水素水(活性酸素)が白髪の要因になるのなら
「白髪染め」や「パーマ」をする度に
「白髪になる要因を増やすようなもの」だから
本当にえらいこっちゃです。

ヘナカラーやザクロカラーなどの2剤(過酸化水素水)を使用しないヘアカラー剤は関係ありません。

なので過酸化水素水が残留しないために
「ヘマチン」やらでカラーの後処理トリートメントしたり
「カタラーゼ(酵素)」で分解して過酸化水素水の残留を処理したりするんですね。

活性酸素(過酸化水素水)も白髪の要因と知っておくと良いかもです。

しかしながら、、、

ここで疑問が!

ゲノムストレスの中で出てくる白髪の要因は

体内で発生する活性酸素(過酸化水素水)

と書いてあるので、

外部からの活性酸素(過酸化水素水)が仮に残留しても
頭皮の中に埋まっている「色素幹細胞」にアタックできなければ
関係ないんんじゃないの??っも思ってしまうんですけど。笑

どうなんでしょ。。。笑
経皮吸収できるの??

わからなけれ念の為に
「残留過酸化水素水」は処理した方がいいんですけどね。

ということで、、、

すっごく分かりづらい説明だったと思いますが(笑)

この先科学の進歩によって、いつの日か
「メラノサイト」をコントロールできる薬ができて
この世から白髪が無くなる世界がくるかもですね。

 

-ヘアケア, ヘアカラー
-

Copyright© 福岡市早良区の美容室 MIC.HAIR , 2020 All Rights Reserved.