くせ毛のお悩み

髪の痛みと広がりに悩んでいる方へ!髪質改善??質感矯正で「自然な艶と手触り」を実感。

みなさんこんにちは👋
「福岡市早良区の美容室で働く美容師」田中です。

本来の髪質で特にダメージがない方でも
すごくダメージして見えたり、年に何回かのヘアカラーでも凄く痛んで見えてきたりそんな方もおられます。

 

髪の毛が痛んで見える原因

まず大きな原因の一つが、もともとのキューティクルが薄いということです。
キューティクルというのは髪の毛の表面の鱗状したものです。
海苔巻きに例えれば「海苔」の部分です。

もともと「海苔」の部分が厚い人、薄い人がいるんですね。個性です。

海苔(キューティクル)が薄いとすぐに破けて、
中の米の部分(タンパク質)が外に流出します。
これが髪の毛が痛む理屈です。

そして破けている海苔同士がひっかかっている状態が、髪の毛が絡むということです。

話は戻って、

実際には凄く痛んでいるように見えるんだけど、
意外とフォローできそうな髪という方に「質感矯正」の施術をお勧めできます。

うねるクセ、パサつく、艶がないということ

全体的にダメージしているせいで、髪の毛がパサつきやすく、艶が出ずらい状態になっています。

もともとの「うねるクセ」が、乾燥とダメージのおかげでさらにでやすく、
髪の毛が膨らんでまとまりづらい状態です。

トリートメントでは「髪のクセ」はストレートにならない。

最近では「髪質改善トリートメント」「酸熱トリートメント」の検索で「ツヤツヤストレート」の画像もよくみますが、当たり前の話で、トリートメントでクセはとれません。

髪の毛の中身をいろいろといじくる薬剤を使用しています。
なので、繰り返し施術するとそりゃ痛みます。

最終的に「皮膜の艶、コート剤のツヤ、手触り」なので
それがなくなれば、ちょっと微妙な感じになります。

以前に導入を検討しましたが、採用しなかった理由は、
施術2ヶ月後の状態が個人的には微妙と感じた為です。

質感矯正とは?

弱酸性の微還元剤を用いてストレートにしていく施術です。
(特に強いクセはストレートにはできません)
トリートメント(質感トリートメント)をしながらの施術で、
髪の毛の負担を減らして薬剤パワーのコントロールをしながら、
施術していきます。

仕上がり

比較

 

まとめ

見た目よりもかなり「しっとりと軽い質感」です。
うねるクセも扱いやすい程度にとれて、自然な艶感と手触りです。

最低限の皮膜のトリートメントを使用して、外部からの刺激から髪の毛を守ります。
普段のタイリングでは「ヒートガード」と「DO-Sオイル」がオススメです。

 

綺麗を持続ささるためのホームケア

質感矯正の持続性をあげるなら、ホームケアは必須です。
応急処置的に短期で質感改善をしていくのなら「COTA」

長期で考えて、根本から治療していく事が目的なら「復元シャンプー」がオススメです。

 
  ブログをお読み頂きありがとうございます。 投稿内容にご質問がございましたらお気軽にラインよりお問い合わせください。 下の画像をクリックしていただくと友達追加ができます。
 

-くせ毛のお悩み

Copyright© 福岡市早良区の美容室 MIC.HAIR , 2021 All Rights Reserved.